名古屋の形成外科でニキビ跡治療を受けてみた感想

ニキビを繰り返しニキビ跡に困っていた

名古屋で新生活を始める上で、新しい環境で仕事を始めたことがきっかけで日常的にストレスや疲労感が蓄積してしまい、一時期ニキビが何度も繰り返してしまう状態が続いていることがコンプレックスに感じていました。
大体のニキビは初期ケアで自然治癒させることが出来たのですが、何度かニキビが悪化してしまい炎症を起こして色素沈着やクレーターといったニキビ跡が残ってしまい、対処に困っていました。
ニキビ跡はメイクである程度カバーすることが出来ますが、すっぴんの時は常に目に入ってくるので気になってしまい少しでも元の綺麗な肌を取り戻したいと思い、ニキビ跡の治療を行ってくれる医療機関に相談することにしました。
最初は皮膚科などで相談する必要があると思っていたのですが、名古屋にある形成外科でほくろやシミの治療で使用する医療レーザーがニキビ治療に効果があると知り、治療を受けてみたいと思い形成外科に相談をしてカウンセリングを受けることになりました。

医師の説明によると現在進行系でニキビが出来ている場合と、既に完治しておりニキビ跡が肌に残っている場合で行う治療が全く異なり、現在進行系の症状に関しては古い角質などを排除してニキビ予防と悪化を防ぐケミカルピーリングが効果的です。
跡として残っている状態で皮膚が赤く硬い状態になっている場合や、クレーターと呼ばれるへこみがある状態なら医療レーザーが効果的だと知りました。

ニキビを繰り返しニキビ跡に困っていた / 名古屋の形成外科でケミカルピーリングを受けることに / ピーリングの治療を続け色素沈着が綺麗になくなった